黒澤浩樹さんは子育てもスゴかった!

黒澤浩樹さん(格闘家)は子育てもスゴかった!

 

聖心館空手道館長であり

“格闘マシーン”と呼ばれていた

黒澤浩樹さん

急性心不全で

2017年3月に54歳の若さで亡くなり、

格闘家ファンに大きな衝撃を与えました。

 

黒澤浩樹さんは、

指の骨が飛び出しても、

膝の皿が割れても、

靭帯が断裂しても

不撓不屈の精神で、相手に挑戦し続ける背中に

多くのファンは魅了されてきました。

 

そんなエピソードを聞くと、

かなり豪快で

なりふりかまわず

突き進んでいくイメージを持ってしまいますが、

 

調べていくと

黒澤浩樹さんは、自分の信念をしっかりと持ち、

お弟子さんや子どものことを

よく考えている方ということを

感じました。

 

この記事はそんな黒澤浩樹さんの

人柄や指導・子育てについての考えを

書いています。

 

スポンサーリンク

 

黒澤浩樹さんの予想される人柄

 

以下はウィキペディア様からの引用です。

 

裕福な家庭に育ち、少年期はバイオリンと剣道を習う。中学時代、極真会館総本部に入門。その後、座間中村道場(師範中村辰夫)に移籍する。そして先輩である小笠原和彦の紹介で山田雅稔が管轄する東京都下城西支部へ再度移籍した。この頃から首都圏交流試合を皮切りに全日本、全世界選手権で活躍し始める。その合間に城西支部の傘下で中野区に道場を開く。極真会館の選手権大会から退いてからは、プロの格闘家としても活躍する。分裂以降は極真会館松井派に属し、同派支部長に昇格するが、松井章圭と対立し、独立。実戦空手黒澤道場を興した。

引用元;ウィキペディア

引用URL;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%BE%A4%E6%B5%A9%E6%A8%B9

 

かなり以外だったのが、

幼少期にバイオリンを習っていたことでした。

勝手に「やんちゃしてた・・・」と思ってしまっていました。

すいません・・・。

 

「裕福な家庭に育ち、少年期はバイオリンと剣道を習う。」

という文章だけをみると

家族からの愛情をたっぷりと

受けて子育てされていたんだなぁー

と感じてしまいました。

 

習い頃をしていた影響もあって、

「将来は子どもを育てる立場に!」

とも思ったのかもしれませんね。

 

黒澤浩樹さんは聖心館空手道の館長を務められ、

死去される直前まで、道場に入っているお弟子さんに対して、

指導を熱心に行っていたそうです 。

 

そういったエピソードからも黒澤浩樹さんの

他人を想う熱い気持ちがあることが

わかります。

 

スポンサーリンク

 

黒澤浩樹さんの子育てについて

 

黒澤浩樹さんはお弟子さんの育成に

力をいれていただけではなく、

自身の子育てにも力を注いでいたそうなのです。

 

そんな子育ての熱い情熱から、

子育てに関する書籍も発行しています!

 

↓気になる方はご覧ください。

その中で

 

子どもは誰でも成長する力・成長しょうという性質をもっている。

それを、親をはじめとする周囲の人が支えてあげて、子どもは

自立というゴールに向かって伸びていきます。

 

としっかりとした子育てポリシーをお持ちで、

現在の子育ての問題についても言及していました。

 

『父親的』役割が不足している家庭が多いこと、

その結果として、自立した大人に育たない子どもが増えていることが、

現代の大きな課題になっています。

 

と問題提起していて、

そういった問題に黒澤浩樹さんの役目としては、

 

お父さんたちに、父親的役割を思い出してもらうこと。

同時に、お母さんたちにも父親的役割を担えるようなコツー子どもが育つ”父親術”

を伝えること。これが私の役目だと思っています。

 

また子育ての父親的役割を

私は「子どもの多くの経験をさせて、成長を引き出すこと」

と述べています。

 

きっと黒澤さんの子どもさんは

様々なことを経験されたで成長したと思いますし、

道場で指導されていた際も、

子育ての自分の信念が活かされていたようにも

感じますよね。

 

 

黒澤浩樹さんみたいな父親がいたらいいけど、母子家庭はどうしたらいい?

 

黒澤浩樹さんみたいな父親がいたら最高ですが、

子どもが小さい頃に父親が亡くなってしまったり、

離婚してしまったり・・・

母子家庭で子育てに悩んでいるご家庭の場合、

どうすればいいのでしょうか?

 

それは、子どもに

憧れの男性の

スポーツ選手や芸能人、

または父親の代わりとなって

接してくれる男性の方々の力が大きいと言われています。

 

以下の動画は「母性」と「父性」について

分かりやすく解説してくれています。

よろしければ御覧ください。

 

 

まとめ

 

調べれば調べるほど、

黒澤浩樹さんの人柄や信念を

知ることができて、

 

「もっと長生きして、格闘家としてではなく

子育ての番組にも多数出演して欲しかった」

 

と思ってしまいました。

 

改めて、お悔やみ申し上げます。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ