敗血症が森慎二さんの死因。その原因菌は溶連菌という噂

敗血症が森慎二さんの死因。その原因菌は溶連菌という噂

 

2017年6月28日に

多臓器不全のため死去した

西武・森慎二投手コーチの

告別式が

2017年7月4日行われました。

 

また、

死因である多臓器不全の原因が

敗血症であったことが

遺族の話で明らかになりました。

 

この記事は多臓器不全の原因の一つである

敗血症と原因菌のひとつの溶連菌に

ついて書いています。

 

スポンサーリンク

 

多臓器不全で亡くなった森慎二さんの死因は敗血症が原因

 

多臓器不全や敗血症など

難しいことばがでてきますね。

 

当初の

森慎二さんが死因は、

多臓器不全

いわれていました。

 

多臓器不全とは、

いのちの持続に

必要不可欠な器官が、

(脳、肺、血液、心血管、肝臓、腎臓、消化管)

2つ以上一緒に全く機能しなくなった

状態のことをいいます。

 

もっと多臓器不全について知りたい方は

↓ ↓ ↓

コチラから

 

多臓器不全は読んで分かる通り、

かなり重篤な病気です。

 

多臓器不全の原因は、

●重度の感染症,

●ダメージややけど

●激しいショックが

原因で起こる低血圧

などが

原因といわれます。

 

その中でも

森慎二さんの多臓器不全の原因は

「重度の感染症で起こる敗血症が原因」

といわれています。

 

菌が体内に入って

敗血症になって

更に悪化して多臓器不全になった

 

というイメージです。

 

森慎二さんを襲った敗血症とは

 

敗血症とはつまりどういう

状態なのでしょうか?

 

簡単にいうと、

体内に細菌が入って、

全身のあらゆる臓器が

ひどくおかされている病気

です。

 

敗血症でショックを伴う場合を

敗血症性ショックといい、

 

複数の臓器が同時に

障害されることを

多臓器不全といいます。

 

敗血症が

悪化すると、森慎二コーチのように、

多臓器不全になり

命を落とす危険性があります。

 

 

森投手コーチを襲った敗血症の症状

 

敗血症になると、

38度以上の高熱、

脈や呼吸が早くなる、

低血圧、意識障害など、

さまざまな症状が出ます。

 

また、

がんや白血病などの病気になり、

抵抗力が低下しているときに、

敗血症になりやすいとされます。

 

スポンサーリンク

 

敗血症の原因菌となる溶連菌について

 

敗血症は菌が

身体に入ることで起こりますが、

「何の菌だったの?」

というと、

 

森投手コーチを襲った菌は

「溶連菌」といわれています。

 

溶連菌ときくと、

子供が感染しやすい

と思ってしまいますよね

 

ですが、

大人も感染するのです。。

 

溶連菌が血液中に侵入して全身に広がると、

全身に激しい炎症反応が起こる

といいます。

 

そして、森慎二コーチを襲った

敗血症なり、悪化すると

多臓器不全になるのです。

 

 

まとめ

 

森投手コーチは体調不良を訴えてから

手術室に入る前、

少し手がむくんでいた程度だった

といいます。

会話についても、

家族に対して、

『行ってくる』と普通にできたといわれています。

 

また、体調不良を訴える数日前まで

球場でキャッチボールを

していた姿も確認されています。


それなのに・・・

突然死が訪れてしまいます。

 

敗血症、そして多臓器不全は

とても恐ろしい病気です。

 

家族の方も、まさか手術に入る

その会話が

最後の会話になるとは

思わなかったことでしょう。

 

森投手コーチの姉は

「本当に人はいつ死ぬか分からない。

だから毎日を丁寧に生きていきなさい」

と自分の子供、

残された森コーチの3人の息子に伝えた

といいます。

 

このことばは私達にも

問いかけているように思います。

とても胸に響きました。

 

改めて故人の

ご冥福をお祈りします。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました。



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ