子ども、赤ちゃんテレビ・DVDの見せすぎは悪影響!?いつから見るのがいい?

 

 

youtubeなどの動画サイトが充実してきた、ここ近年

子どもを見る専門家(医師、保育園の先生、心理士、リハビリの先生)の方は、

ことばの遅い子コミュニケーションが未熟な子が増えてきていると思う」

と言っています。私も子どもの療育に携わっていて、その点は感じることがありました。

 

その原因が、

 

『テレビやDVDを長時間観ている・つけっ放し』

 

ではないかといわれています。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃん・子どもにテレビやDVDをみせすぎ・つけっ放しは悪影響!

 

テレビやビデオを、赤ちゃんのときから長い時間見てきた子どもほど

小学校1年生頃から落ち着きのない行動が目立つ

ことが、調査結果で出ているそうです。。

 

では、なぜ赤ちゃんの頃からTVを長時間見たり、つけっ放しにすることが、

その後の発達に悪影響を与えるのでしょうか?

 

 

テレビ・DVDは、赤ちゃん・子どもにとって、ただ聞き流すだけ、ただ見るだけになってしまう。

 

赤ちゃんや小さい子どもは、ことばの理解は発展途上にあります。

 

ことばは、

大人と身体を動かした遊びやおもちゃで遊んだ関わりの中で

ことばの基礎ができていくといわれています。

 

また、「もっとやって!もっといって!~して欲しい」という気持ちの時ほど

ことばを覚えていきます。

 

まだまだ、ことばの理解が難しい赤ちゃんには、

特に「~して欲しい」という気持ちもないのに

ただ、TVやDVDを聞き流すだけ、

見るだけになってしまう恐れがありますよね。

 

 

赤ちゃんはまだ耳での音の聞き取りが未熟

 

2歳までの子どもは、まだまだ大人のように

様々な音の聞き取りが出来るわけではなく、

音の聞き取りが未熟であるといわれています。

つまり、騒がしい環境では、たくさんの音を聞き分けることが難しい

といえます。

 

では、テレビやDVDをつけたまま、

お父さん・お母さんが赤ちゃんに話しかけると

赤ちゃんはどんな気持ちでしょう?
きっと、?がいっぱい。

 

赤ちゃんの耳に届いていない可能性が高いですよね。

 

お父さん、お母さんもテレビに夢中になって、赤ちゃんへの関わりが減る

 

お父さん、お母さんもテレビに夢中になって、

赤ちゃんへことばかけなどのの関わりが減る可能性があります。

また、赤ちゃんがTVをみていなくても、

睡眠や遊びの妨げになるかもしれません。

 

まとめ~いつからテレビ・DVDをみせればいいか~

 

以上の点を踏まえて、

小児科のお医者さん達がテレビやDVDをみる時の注意点を発表してます。(2004年)

● 2歳まではTVやDVDをなるべくみせないように努める。
 *1日2時間まで

● 食事(授乳)の時は、大人がみていてもTV・DVDを消す

 

などです。

 

レンタルビデオ店にはたくさんのDVDが並び、動画サイトも充実してきている現代ですが、

2歳までは、なるべくテレビやDVDなどのメディアとの接触よりも、

身体をたくさん動かして、お父さん・お母さんとスキンシップを取ることが

今後の発達に一番よさそうに思われます。

 
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ