愛子様が激ヤセ!?拒食症の疑いも。周囲の人ができる対応について。

愛子様が激ヤセ!?拒食症の疑いも・・・周囲の人ができる対応について。

 

少し前、

愛子さまの激ヤセし、

精神科の医師は

拒食症の可能性を指摘している

という記事を書きました。

 

→その詳しい記事はこちら

 

その時は、『感覚』や『偏食』についての考えを書きましたが、

今回は『拒食症』のことについて書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

拒食症とは

 

拒食症とは

 

●食べることを拒否して、極端にやせてしまう。

 

●自分ではやせていると思わずに

 『体重が増えること』や『食事量を増やす』ことに

 強い不安や恐怖を感じている。

 

●病気であることを認めたがらず、

 治療には抵抗感を示すことがある。

 

といった症状が認められます。

 

拒食症とは逆のような病気で

『過食症』があります。

 

過食症とは・・・

 

食欲を抑えきれず、短時間に大量に食べたり

一日中だらだらと食べ続けたりする。その後、

吐くか、下痢などをして体重を増えるのを防ぐ

といったような症状が出ます。

 

 

拒食症はどうやって治すの!?

 

 

拒食症は

 

「食べれば治る」

 

という病気ではありません。

 

それができないから

病気

だといえます。

 

その背景には

「心の問題」

があります。

 

命に関わることもあるので、

軽くみることは危険です。

 

自分の病気について理解し、

その上で、

自分の考えや行動を変えていくことが必要

だと思います。

 

一番大切なことは

患者さん本人の

「治そう!」

「自分を変えよう!」

という気持ちが大切といわれています。

 

本人がそういった前向きな気持ちになるには、

患者さん自身の力だけでなく、

周囲の人々の力が不可欠です。

 

医療機関の医師だけでなく、

特に、家族の支えが必要だと思われます。

 

スポンサーリンク

 

 

周囲の人ができること

 

① 口をはさまずに本人の話しをしっかり聞く

 

本人は摂食障害の認識がないことが多いです。

心の問題を食事の問題に変化させています。

 

「自分の健康を侵してでも、何か訴えたいことがある」

と思うことが大切です。

 

 

仮に

「話すことはない」

といわれても

1日10分でも

本人と話す時間を持つことが望ましいです。

 

難しいと思いますが、

続けていくと

本人が悩んでいることを

話してくれることが

増えると思われます。

 

 

② 批判、説教をやめ、子どもを尊重する

 

食事を摂らないと体調を崩してしまうことがあるため、

家族も気にして、色々と厳しく説教してしまうこともあるかもしれません。

 

また、世間体を気にして

「なんでうちの子が・・・いい子だったのに・・・」

「情けない」

と声掛けするのは

逆効果といえます。

 

上記にも書いたように

拒食症の治療は

本人が

「治そう!」

「自分を変えよう!」

という気持ちが大切です。

 

過剰な干渉はさけ、

本人の気持ちを尊重することが

重要だと思います。

 

 

③ 病院などに一緒に出向き、医師任せ・病院まかせにしない。

 

本人だけではなく、家族の受診が必要な場面がよくある

といわれています。

 

■ 治療の説明、今後の治療方針について

■ 子どもに対する接し方

 

などを話し合い、

治療に対して、広く視野を持ち、

本人の病気に巻き込まれないことが

大切です。

 

 

まとめ

 

今回は、仮に愛子さまが、拒食症であった場合の

周囲の人々ができることを中心に書いてみました。

 

周囲の人々の強力が不可欠だと思いますが、

雅子さまも体調を崩されているので、

余裕がないかもしれません。

 

今後、更に愛子さまが体調を崩していくようであれば、

ですので、皇太子さまの支えが

今以上に必要になってくるかもしれませんね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ