私立認定こども園 「わんずまざー保育園」が初の認定取り消し!驚愕の事実に園長謝罪。保護者の反応は?

 

 

私立認定こども園 「わんずまざー保育園」が初の認定取り消し!驚愕の事実に園長謝罪。保護者の反応は?

 

びっくりしたNEWSがありました。

 

兵庫県姫路市にある

私立認定こども園

「わんずまざー保育園」

にて

 

働いている保育士さんが

 

「遅刻すると罰金を獲られる」

「時間外の手当をもらっていない」

 

などを市に訴え、

問題になっているとNEWSで取り上げられました。

 

そして、調べてくると驚愕の実態がわかってきています。

 

以下

 

私立認定こども園 「わんずまざー保育園」

のNEWSの流れについて書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そもそも、なんでそんなことが分かったの?

 

市によると、県と市が抜き打ちで行った

特別監査で判明した

とのことでした。

 

一般的に監査は

 

市や県の人が施設にやって来て

 

関係書類の閲覧

関係者からの聞き取り

から

適正な運営ができているかどうか

の確認を行うものです。

 

その時に保育士さんから

 

「遅刻すると罰金(1万円)を獲られる」

「時間外の手当をもらっていない」

 

との訴えがあり判明したそうです。

 

 

他にもあった驚愕の事実

 

●受け入れの園児、定員オーバー

 

私立認定こども園「わんずまざー保育園」の

定員は46人の所、

約70人を受け入れていた。

とのことです。

 

14人も定員オーバーしていますね・・・。

 

 

●働いている保育士さんの人数は本当は少なかった!?

 

市への報告は

「保育士さん13人います」

としていたのに、実際は

『10人』

だっとそうです。

3人も保育士さん水増し・・・。

 

きっと園児も超過していたし、

保育士さんの人数も少ない・・・

激務であったことでしょう。

更には遅刻すると罰金を獲られたり、

手当がなっかたり。

子どもが好きでなければすぐにでも

辞めてしまうような状態といえると思います。

 

 

●給食の量も少ない!?

 

70人の園児の給食に対して、

 

約40人分しか注文していなかった

という事実も発覚しました。

 

そのため、

『1、2歳児の給食のおかずは大きめのスプーン1杯分程度だった』

という話もあります。

 

また、

休んだ子どもの給食は冷蔵庫で保管し、(冷蔵・冷凍)

数日後に、給食に出したものもあり

更には、

1カ月以上たったものもあったといわれています。

 

市こども保育課の担当者は

「給食は量も栄養も不足し、十分な食事がとれていない」

 

と指摘しています。

 

身体の発達は

他の発達(ことば・コミュニケーションなど)の基礎となります。

そのため、乳幼児の栄養の管理は大変重要です。

こんな事態は考えられません。

 

 

園長がこのNEWSに対して、説明会を開くが・・・

 

私立認定こども園「わんずまざー保育園」は

このNEWSに対して

小幡育子園長を中心に保護者への説明会を行っています。

 

出席した保護者の話によると、

小幡育子園長は謝罪し、

不十分な給食は改善した

と報告されていますが、実際はどうなのでしょうか?

怪しいと思うのは私だけではないはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

この事実を受けた県の対応と保護者の反応

 

は3月中にも私立認定こども園「わんずまざー保育園」の

認可を取り消す予定です。

しかし、

 

小幡育子園長は取材に

「(認可を取り消されても)認可外保育施設として子どもを受け入れたい」

と話しているそうです。

 

でも、こういった驚愕の事実が発覚した

保護者の反応はというと・・・

わんずまざー保育園には

定員いっぱいの46人が通園を希望していましたが、

 

●44人は市内の幼稚園や保育園などに転園・入園、

●2人は自宅保育にする

 

信頼がなくなるのも当然ですよね。

 

最後に

 

待機児童が多くて、

園の経営者(園長を中心に)が強い立場であれば、

今後もこういったわんずまざー保育園のような事例が

出てくるかもしれません。

ただの氷山の一角でないことを願うのみです

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

もし、

記事をお読みになって疑問に思ったことや

日頃の子育てについて相談したいことがありましたら

お気軽にメッセージをください。

もちろんどんな内容についても大丈夫です。



心を込めて返信致します。

→ソフィアへのメッセージはこちらから



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ