どろんこ保育園にブラックの噂!?認定をもらうために偽装の報告書を作成!?

 

どろんこ保育園にブラックの噂!?認定を貰うために偽装の報告書を作成!?

 

「保育園落ちた日本死ね!!!」

ということばが昨年の流行語トップ10に入ったように

都心を中心とした保育園不足は

現在では社会問題となっています。

 

「婚活」ということばもありますが、

今は「保活」ということばも生まれるくらい

共働きの家族で子どもがいる家庭は、

必死で「保活」をしているのが現状です。

 

そんな状況下において

自治体は保育園の増設に追われています。

 

 

しかし、子どもの受けいることができる保育園が増えていく中で

みえているのは、

ブラック企業ならぬブラック保育園の存在が

増えていることです。

 

先日に書いた記事で

兵庫県姫路市にある認定こども園「わんずまざー保育園」では、

劣悪な保育(食事が十分に与えられていなかった)

保育士たちの過酷な労働環境など

市が介入して全国初の「認定取り消し」となり、

園長が4月以降の保育園の運営を取りやめることになりました。

 

→関連記事①はこちら:私立認定こども園 「わんずまざー保育園」が初の認定取り消し!驚愕の事実に園長謝罪。保護者の反応は?

→関連記事②:私立認定こども園 「わんずまざー保育園」の園長謝罪も来年度の入園予定者はすべて辞退。そもそもこども園と保育園、幼稚園何が違うの?

また、

『社会福祉法人どろんこ会』(東京・渋谷区)

「武蔵野どろんこ保育園」

で認可を貰うために

偽装した報告書を作成したのでは・・・

といったNEWSが入ってきました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

『社会福祉法人どろんこ会、どろんこ保育園』とは

 

以下どろんこ保育園について調べたことのまとめになります。

 

●「にんげん力を育てる」を理念としている。

 都会生活では経験するころが難しい、田植え・稲刈りなどの活動の数々が、

 ホームページでは紹介されている。

 

●東日本を中心に展開する50以上の保育施設をはじめ、

 関連法人を含めれば100近い事業所を運営している。

 

●従業員数は約1500人。業界第4位の大手である。

 

●1998年に保育園を開設し2007年にどろんこ会を立ち上げた。

 

●2015年度ごろから事業規模を急拡大させ、

 最近では年間で10園近く新規開園する年もある。

 

●中心人物の女性理事長は自分の子育ての経験を活かして、

どろんこ会を設立。メディアへの露出や講演などにも積極的に行っていた。

 

 

実は認定偽装工作のNEWSが出る前から黒い噂があった!?

 

どろんこ保育園のことを調べていると、

認定の偽装工作のNEWSが出る前から

ブラックな噂があることを知りました。

その例を記してみます。

 

●活動や散歩は悪天候でも行われることがあった。

活動を強要するような指示が本部からの指示があった。

(現場職員が訴えても本部の職員は聞く耳を持たない)

 

●本部の職員と意見が異なれば、

 報復的な人事が行われることもあった。

 

●離職率が高く、新しくできた保育園は

保育士の人数が足りていない

 

などあくまで噂ですが、よくない噂が出てきました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

偽装工作を裏付ける報告書について

 

2016年4月に開設した

「武蔵野どろんこ保育園」では、

開園の際に都から設備の不備を指摘されていた

といわれています。

 

例としては、

 

●事務所に薬品箱が設置されていない

●2階の廊下に転落防止のためのさくが取り付けられていない

●外階段への侵入防止のためのチェーンがかけられていない

 

など、指摘は全10項目にも及ぶといわれています。

 

しかし、その指摘は改善されることなく、

本部の対応はその場しのぎの対応をしていたそうです。

 

例えば、

不備を指摘された階段からの転落防止用の仕切りは、

写真を撮るために周辺の保育室から借用され、

あたかも改善したかのように偽装した報告書が作成された

 

ともいわれています。

 

また、その報告書を作成したのは、

 

どろんこ会の職員ではなく、

保育施設の設置工事を担当した業者であったという噂も・・・

あります。

 

 

どろんこ保育園、理事長のコメント

 

こういった事態に対して理事長が文章にて

返答しています。

 

→こちらから

 

 

まとめ

 

正直、何か本当かウソかはわからなくなった人多いと思います。

私もそうです。

 

しかし、今後も保育園や保育士が不足されている

といわれている状況では、

今後も、どろんこ保育園のような事例が出てきてもおかしくありません。

 

わんずまざー保育園のNEWSに続いて、

数週間で、また保育園の黒い噂が出ています。

 

これは、氷山の一角だけかもしれない・・・

と思うようになってきました。

 

今後もこういったNEWSを取り上げて

私も、更に、日本が抱える子どもを預ける施設の問題について

知識を深め、皆さまと共有できたらと思っています。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ