これって増税!?こども保険が誕生!どんな保険なの!?

これって増税!?こども保険が誕生!どんな保険なの!?保険料は?

 

両親共働きの場合、「保活」といようことばが生まれたように、

子どもを受け入れる施設や

その家族の支援が不足している・・・

現在の日本ではそういえると思います。

そんな中、

H29年3月29日

「こども保険」

の創ることが自民党の若手議員を中心に

意見が提出され、実現を目指すことになりました。

目的は

「幼児教育・保育の無償化」

「少子化対策のため」

といわれています。

「こども保険」・・・

さてどんな保険になるのでしょうか。

現在分かっていることについて

以下書いています。

スポンサーリンク

「こども保険」はどんな保険になるの?

こども保険のお金は、どんな風にお金を集めるの?

医療保険・健康保険・年金保険など

社会保険の仕組みのように、

働いている人や企業などから保険料を集める。

といわれています。

また、

「こども保険」は、

保険料を働く人や企業などから幅広く徴収し、

新たな保険制度を作ろう

ともいえると思います。

集めた「こども保険」のお金(保険料)はどんな家族に支給されるの?

 

集めたこども保険料のお金は、

小学校入学前の子どもがいる世帯

に対して支給されます。

児童手当のもらえるお金が増える

などの形で支給され、

保育や幼児教育の負担を減らすことにしています。

ちなみに、

小学校の入学前の子ども現在約600万人といわれています。

子ども1人当たり毎月2.5万円(年間30万円)を

児童手当に上乗せ支給される

といわれており、

これで、実質、幼児教育・保育は無償化できると提言されています。

スポンサーリンク

増税?こども保険の保険料はどうやって確保するの?

上乗せ分の保険料は始めのうちは

0.1%とする方針。

将来的には0.5%にして

1.7兆円規模の財源を確保したい

と関係者は述べています。

「これって増税ってこと?」

と私は疑問を抱きましたが、自民党関係者の説明によると、

●お金の使い方をもっと考える必要のある医療介護改革を徹底的に進め、

 その改革の成果をもとに、こども保険の財源を確保する。

●雇用環境の改善から雇用保険は直近0.1%引き下げられており、

 0.1%導入の場合は負担が増えることはない。

「単なる負担増ではない」と説明しています。

まとめ

 

現在の保険制度は年金・介護など高齢者が中心の保険制度であるように思います。

子育てのための社会保険はありません。

もちろん、高齢者のための保険料の確保も大切ですが

将来の日本を担う子ども達のために

社会が手厚く支援する、

子どものための公的な保険制度を作ることは

とても大切だと思われます。

保育園のブラック化のNEWSも増えている中で

そういった気持ちは強くなりました。

→関連記事;どろんこ保育園にブラックの噂!?認定をもらうために偽装の報告書を作成!?

今後、こども保険についての概要が

はっきりとしていくと思いますので、

気になるNEWSとして注目していきたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。



スポンサーリンク

One Response to “これって増税!?こども保険が誕生!どんな保険なの!?”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ