親子で簡単にできるふれあい遊び5選!(対象0歳~3歳ごろまで)その効果について

親子で簡単にできるふれあい遊び、5選!(対象;0歳~3歳ごろまで)

 

までの子ども

可愛がられている・・・」

ことばではあらわせれないほどの安堵感を感じることは

脳の発達とても大切といわれています

 

そのため、親御さん

子どものことが「大好きだ」と思い

その気持ち言葉行動伝えることが必要

といわれています。

 

しかし、実際には、では分かっていて

働きかけてリアクションがなかったり

子どもの良くない行動うまく踊らされたすると

 

「子どもから少し手を離したいという気持ちが生じて

イライラして子どもに接してしまい、悪循環を招くことがあります。

 

その時におすすめしたいことは

身体を使用した親子のふれ遊びです。

 

スポンサーリンク

 

ふれあい遊びの目的とは?(対象;おおよそ0歳~3歳ごろまで)

 

ふれ遊び目的とは

親子のスキンシップを通じて

に対する興味共感育てる

といわれています。

 

子どもにうまく優しさ与えられていない・・・と感じた時に特にピッタリです。

また、親子でスキンシップを行うことで、

笑みが多くなり、コミュニケーションがより一層深まることになるでしょう。

 

以下の記事は

道具を使わないでできるふれあい遊び5選です。

「えっ!?こんなこともふれあい遊びになるの・・・」

といった遊びも含まれています。

 

 

道具を使わないで、誰でもできる:ふれ遊び5選(対象;おおよそ0歳~3歳ごろまで)

 

● 子ども抱きしめる

一日に何回でも子ども抱きしめて

「〇〇くん好き伝える

子どもことを心から好きだと思えないときに効果的

 

● お馬さんごっこ

になり中に子どもを乗せます

「♪お馬みんなパッパカ走る~」

います

 

また、最後は布団の上に

「ゆどっーん」

布団の上に子ども落とすと大喜びします

 

●シーソー

親子向かいあって座り「ギッタンバッコン」のかに合わせて

ゆっくり倒したり起こしたりします

その時に笑顔であわせて行うこと大切です

 

スポンサーリンク

 

●きす星現る!

 

おいけっこ遊びの一種です。

子ども追いかけ捕まえた「ちゅちゅ」ときをします

声色変えて行うと子ども大喜びします

 

●〇〇どこでしょうー?

 

「お鼻どこかなー」身体の部位言いながら

をゴニョニョさせて告げ身体の場所に徐々に近づけていき

その部位をくすぐます

いつくるか分からないー」という期待子どもにもたせてあげることが大切です

 

まとめ

 

もしかしたら最初は子ども反応薄いかもしれません

ですがあきらめないでください

継続して働きかけ続けていけば少しずつ興味を示してくれるようになってきます

 

その際は親御さん自身が楽しむことを忘れずに

オーバーリアクションその場雰囲気を盛り上げていくことも必要だと思います

周り楽しんでいる子ども次第に興味を示すようになっていきやすいです

 

最後まで読んで頂きありがとうございました

 

関連記事

→①子どもにこんな褒め方はNG!褒め言葉が台無しに・・・

②褒め方で悩む・・・褒めるの効果とは?子どもに対して望ましい褒め方とは?

 



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ