自閉症の診断はいつ分かる?2歳~3歳頃?それとも・・・

自閉症の診断はいつ分かる?3歳頃?それとも・・・

 

コビトくん
自閉症について勉強してるんだけど、質問してもいい?

 

ソフィア
もちろん!

 

コビトくん
自閉症の診断はいつ分かることが多い?2~3歳くらいかなぁ…

 

ソフィア
えっ…たぶん3歳ごろまでには診断が分かったような気が・・・(本を取り出し、ゴソゴソ・・・)

 

コビトくん
何か調べ始めたぞ・・・もしかして知らなかったんじゃ・・・

 

ソフィア
違うよ!確認してるだけ汗。それよりもコビトくん、自閉症を持つ方の特徴(特性)覚えてる?

 

コビトくん
あっ、話変えられた!もちろん覚えているよ!

 

ソフィア
自閉症の診断がいつ分かるか調べている間に、確認しておこう!

 

コビトくん
やっぱり知らなかったんじゃないか・・・。もう仕方ないなぁ‐

 

自閉症(自閉スペクトラム症)の特徴について

 

自閉症は発達障害の中の一つです。

 

テレビやNEWS、教科書などでは

自閉症を

「広汎性発達障害」「アスペルガー症候群」「高機能自閉症」

などと細かく分けられて表現していましたが、

ややこしいこともあって、

 

最近では、

「自閉スペクトラム症」

に統一されつつあります。

 

また、医療・福祉の分野では

「ASD」(Autism Spectrum Disorder)

と英語で使われることが多いです。

 

主症状は・・・

 

●社会的コミュニケーションの特徴(例;関心・感情をほかの人と同様に持ちにくい)

●限定された興味の特徴(例;乗り物、昆虫、回るもの、光るものなどに特別な興味)

 

であって、他にも

 

■感覚の特性(例;少しの音でも大きく聞こえてしまう)

■筋緊張の低下(例;うまく椅子に座れない)

■見ることの得意さ(例;好きなものは小さくても遠くても見つけられる)

 

といった特性があります。

 

→詳しい記事はこちらから

・自閉症の特性(特徴)とは?赤ちゃん・子どもの頃の様子・特徴など①(主症状)

 

・自閉症の特性(特徴)とは?赤ちゃん・子どもの頃の様子・特徴など②(その他の症状)

 

スポンサーリンク

 

自閉症の発現時期と、診断について

 

ソフィア
さすがコビトくん!よく勉強しているね!

 

コビトくん
当たり前だよ!ソフィアさんは、いつもまずは特性の理解が大事っていってるじゃん!それより僕が質問した自閉症の診断はいつごろ分かるか、ちゃんと調べたの?

 

ソフィア
わかったよー!!お待たせしました~

 

自閉症の診断はいつ分かる?主症状の発症時期について

 

コビトくんが自閉症の特性で教えてくれたように

 

●社会的コミュニケーションの特徴(例;関心・感情をほかの人と同様に持ちにくい)

●限定された興味の特徴(例;乗り物、昆虫、回るもの、光るものなどに特別な興味)

 

の主症状が発現するのは

 

一般的に生後2歳以内に明らかになる

 

そうです。

 

また、ある研究では、すでに1歳になるまでに自閉症の特性が現れる

といった報告もあります。

 

ですので、

「あれうちの子ちょっとおかしいぞ。もしかして自閉症かも・・・」

2歳すぎて病院にいって、先生に相談した時に

自閉症の診断を受ける場合があると考えられます。

 

コビトくん
2歳までには自閉症の特性がでるんだ・・・。だから診断も2歳頃なのか。思ったよりも早かったな・・・

 

ソフィア
でもね、やっぱり2歳の子どもは小さくてはっきりしない点もあるから、はっきりと診断はつかなくて、『自閉症スペクトラム症の疑い』と診断がつくこともある。特性の個人差も大きいからね。

 

コビトくん
そうなんだ

 

ソフィア
子どもの頃は『自閉スペクトラム症の疑い』の診断を受けて、3歳、4歳・・・と大きくなるにつれて、診断名も変わっていく場合もあるんだ。でも診断名がひとり歩きするのはよくない!

 

コビトくん
診断を受ける意味は障害のレッテルを貼るんじゃなくて、「支援を受けやすくなる、「その子のことをもっと知ることができるようになる」「悩みを専門家を共有できるようになる」でしょ!?

 

ソフィア
さすがコビトくん、やっぱりとても勉強しているね!

 

コビトくん
もっともっと勉強して、僕も少しでも役に立てるようになりたいんだ!

 

診断は医師しか行うことができません。

2歳前後で

お子さんについて心配になった家族の方は

お近くの療育機関や精神科医師(児童精神科)にご相談ください。

支援を受けることは早ければ早いほど良いといわれています。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ