『ジュースの川』が本当にできた!?(ロシア)人体影響はある!?

夢に描いた『ジュースの川』が本当にできた!?人体影響はあるか疑問!?

 

私は子どもの頃、野球をやっていて

休憩中に、蛇口から水を飲んでいる途中

「蛇口からジュースが出てきたらいいのに・・・」

と思いました。

*昔は「スポーツをする際は水分を撮ったらいけない!」と間違ったかんがえがありましたが、

私の時代はちょうど、「水を飲んでも大丈夫」という風潮が浸透してきた時代でした。

 

またファンタやペプシ・コーラが好きで、水泳時シャワーを浴びる際に

「ファンタやペプシコーラが出てきたら炭酸浴びて気持ちいいかも」

と考えるほどでした。

 

おそらく私のように

「〇〇からジュースがでてきたらいいのに・・・」

「〇〇がジュースにだったらいいのに・・・」

夢を抱く子供達がいるはずでしょう

 

そんな夢を抱いていた私に

衝撃のNEWSが入ってきました!

 

『ロシアでジュースの川流れるができる!?』

ホントに!?と思った方は私だけではないはずです!

 

この記事では『ロシアで起こったジュースの川』

のNEWSについて書いてみます。

 

スポンサーリンク

 

ジュースの川は、どうしてできたの?

 

ジュースの川ができたのは、

ロシアの中部リペツク州にあるレベジャニという町で(首都モスクワの南約320キロにある)

ドン川

 

2017年4月25日に米清涼飲料大手ペプシコ貯蔵庫が壊れてしまい

その貯蔵庫に貯めていたジュースが外にあふれ出し、

大氾濫してしまったそうです。

溢れ出したジュースが、道を流れ、ドン川に流れ込み、

ジュースの川ができたそうです。

 

なんとその量は約2800万リットル!

 

ロシアのリペツク州の方々は

町中に予告もなしに、ジュースの川が登場し、

ただただ呆然としたそうです。

 

以下youtubeでの動画です。

 

 

子どもの時に、一度は夢見た景色とは違いますが、

これはかなりスケールが大きそうですね。まるで絵本やアニメの世界です・・・

ですが、ジュースを貯蔵しておく建物は

そうそう簡単に倒壊するものなのでしょうか?

 

欠陥のある建物ではないの?と個人的に感じてしまいました。

 

 

人体に及ぼす影響は?

 

ロシアのペプシコの建物は9階建てだそうで、

「トランプのカードで作った家」のように崩れ落ちた

説明しています。

 

2人が負傷。そこまで大きな事故に繋がらなったようですが

 

人体に及ぼす影響はどうでしょう?

 

もちろんその後のNEWSで、人体に及ぼす影響は報道されていません

 

また、この事故の事後被害も報道はありません

 

ですが、

「川に強酸性の液体が流れ込んで魚たちが大量に死ぬかも・・・」

と川の魚を心配するコメントが多数寄せられています。

 

一度は夢見た世界ですが、これは立派な環境破壊ですよね。

 

スポンサーリンク

 

実は日本にも〇〇からジュースが出る場所がある?

 

このロシアのジュースの川のNEWSは

詳しくみると笑えなくなりますが、

 

日本では安全に、

夢のようなジュースやお茶の出る場所があります。

 

代表的な場所は愛媛県にある

「蛇口をひねるとポンジュース」

があります。

 

蛇口がある場所は、愛媛県松山空港の2階です。

 

みかん大国愛媛県だからこそ、実現できたまさに夢に描いたような蛇口!

ちなみに、ポンジュースの蛇口はいつも設置されている訳ではなく

「毎月第3日曜日の10時から14時」

のみだそうです。

 

他にも日本には、

愛知ではトマトジュースが出る蛇口があったり、

静岡ではお茶が出る蛇口があったり・・・などなど

 

私達が夢に描いたような

安全な場所・・・

蛇口が日本には存在します!!

 

まとめ

ロシアのジュースの川に関しては興味本位でワクワクしてNEWSを読みはじめましたが、

読み始めていくうち、なんて悲惨な出来事なんだ・・・

と思いました。

人体に及ぼす影響は考えられないですが、

今後、雨が降ったり、気温が上昇すると・・・

 

町中ベタベタしそうで

 虫だらけになってしまわないか・・・と感じてしまいます。

ワクワクして読みはじめたNEWSですが、読み終えた時は

ゾッとしたNEWSになってしまいました。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

♪人気記事

木村拓哉の子供の高等学校は?インターナショナルスクールに通っていたって本当?

 

→「芦田愛菜さん「夢は病理医!」中学受験したって聞いたけど、どこに確定したの?」

 

→鈴木福くん、中学校はどこへ?野球に対しての情熱がすごい!

 



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ