minmiさんの出産方法は痛くない!?やり方は?

 

minmiさんの出産方法は痛くない!?どんな方法!?効果は?

 

女性の方に

 

「今までに一番痛かったorつらかった経験は?」

と聞くと

 

「出産」

 

と返答が多いです。

 

出産は、

自分のお腹の中で大事に育ててきた赤ちゃんに

やっと会えるという嬉しさや期待で胸を膨らませる

反面、

陣痛や出産の痛みに自分は耐えられるのか・・・

という不安もあると思います。

 

私は男なので、その痛みを経験することはありませんが、

出産を経験したお母さんの話を聞くと

 

「スイカが出てくるような感じ」

とか

「私は家が出てくるような感じ!」

と言う人までいて、想像するだけでゾッとしてしまいます・・・。

 

そんな中、歌手のminmiさんが推奨する「痛くない奇跡の出産方法」

を目にする機会がありましたので、この記事で書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

まず、minmiさんとは?

 

MINMI(ミンミ、1974年12月8日 – )は、日本の女性シンガーソングライター。大阪府出身。ユニバーサルミュージック・マスタービュー、WEED所属。元夫は湘南乃風の若旦那[1]。左利き。MINMIという名前は小学生の頃の自身の髪型を見て友人がつけた。

 

引用元;ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/MINMI

 

minmiさんは離婚したことをポイントに、

「家族の代表として自分がもっといなきゃと思っている。

(子供の)心に穴をあけたくないと考えており、子どものしつけや朝のご飯の支度など、

離婚後は、家事を仕事よりも大切にするように生活している」

そうです。

また、その中で仕事と育児の両立は難しいとも語っています。

 

 

minmiさんの出産方法とは~ソフロロジー式出産~

 

minnmiさんが推奨している「痛くない奇跡の出産方法」とは

『ソフロロジー式出産』と呼ぶそうです。

 

その出産方法とは、

 

妊娠中は、じっくりと生れてくるあかちゃんとの顔合わせを心待ちして、

待っている間は、

①イメージトレーニングと②呼吸法を繰り返し行なうだけの出産方法

 

だそうです。

 

①陣痛が起こっている時、待っている間のイメージトレーニング

・出産は赤ちゃんとお母さんとの協力して進める出来事。

 陣痛は赤ちゃんが外の世界に出るための大切なパワー

 

・陣痛はローテーションがあり、痛みの伴う時間はおおよそ1分ほど

 

・お母さんが痛みに力んで身が引き締まると、赤ちゃんに酸素が送られず辛い思いをする

 

とイメージを持つことが重要です。

 

 ②呼吸方法は?

 

1.自分が気分転換できるミュージックをかける

2.あぐらをかき、肩の力を抜いて、目を閉じる。

 その時に手は、お腹に軽く添える。

3.その姿勢で鼻からゆっくり息を吸い、口からゆっくり長く息を吐く。

4.呼吸を繰り返しながら、イメージでは、吸った酸素が自分の身体から、赤ちゃんへと運ばれることを想像する。また、重ねて酸素をもらった赤ちゃんはエネルギッシュで、頑張ってお母さんから生れてくる・・・ということを想像します。

これをひたすら繰り返すだけ・・・

 

なんだそうです。

 

「痛くない奇跡の出産方法」と聞いたので、

かなり高度な技術を要する出産方法なのかと思いましたが、

以外に簡単なのだと思いました。

 

実際、minmiIさんは、この出産方法で、

陣痛が和らぎ、1時間程度で出産できたらしいです!

 

スポンサーリンク

 

そもそもなんで陣痛って起こるの?

 

陣痛がないと、赤ちゃんは外の世界へ出てこられません。

なお、陣痛が弱々しいと、赤ちゃんの出口(子宮口)が開かず、

赤ちゃんを押し出す力も弱いので、分娩時間が長いのです。

 

初めて出産される方は12~16時間、出産の経験がある方は6~8時間が平均

と言われています。

 

ですが実際は人それぞれです。

 

お母さんの体格や赤ちゃんの大きさ、

赤ちゃんの体勢など、

いろんなものが関わってくる。

といわれています。

 

実際minmiさんの出産方法をやってみた人の反応は!?

 

minmiさんの出産方法をやってみたと言っている人の意見として、

 

■「酸素をいっぱい送ってあげられたのか、

産まれてきた赤ちゃんの全身がキレイなピンク色で助産師さんに褒められた」

■「分娩直後も普通に夫と話せるくらい元気だった」

■「この出産法で産まれた赤ちゃんは穏やかで無駄な夜泣きが少なく育てやすいことが多い」

 

と出産方法にポジティブな意見がある一方で

 

陣痛はやはり痛いです。痛いものは痛い。苦しいです。

声をかけることによって陣痛の痛みが和らぐというのは、正直感じられなかった。

 

といった意見があるのも事実です。しかし上記の意見を述べた方は

 

 しかし、自分の中では赤ちゃんの事を想いながらの出産は全然違うものになっていました。

赤ちゃんがママの陣痛の収縮にも耐えながらも外の世界に出てくる勇気を考えると、

出産への不安も少し和らいだ。

 

とも語っています。

 

まとめ

 

今後出産を控えている方は

minmiさん推奨の痛くない奇跡の出産法~ソフロロジー式出産~を意識してはどうでしょうか?

 

痛みの強弱の変化は人それぞれだと思います。

 

でもお母さん・生れてくる赤ちゃん共に、

精神的には好影響を与えるように思いますので、

このminmiさんの出産方法を実践して損はないですよね!

 

また、minmiさんは

キセキ 産むその瞬間に読む本』という本も出しています。

 

気になった方は是非チェックしてみてください!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

♪人気記事

 

木村拓哉の子供の高等学校は?インターナショナルスクールに通っていたって本当?

 

→「芦田愛菜さん「夢は病理医!」中学受験したって聞いたけど、どこに確定したの?」

 

→鈴木福くん、中学校はどこへ?野球に対しての情熱がすごい!

 



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ