プロフィール

 

はじめまして。ソフィアと申します。

『ずっと子どもの笑顔をみたいから~子どものよりよい発達のために~』

へようこそ♪

 

簡単な経歴

 

簡単に私の経歴をお伝えしようと思います。

 

 

 

障害児入所施設に入職して

 

 

私は大学で福祉を学び、

卒業後、ある障害児入所施設にて

支援員として働いていました。

 

そこにいる子ども達は、

発達障害が理解されない、ネグレクト、虐待、家庭環境の問題などで

入所している子ども達がほとんどでした。

 

子ども達の入所までの記録を見ると、

テレビでよく出てくるような壮絶な過去が

リアルに書いてあり、

入職したての私は、

 

「本当にこんな子ども達がいるんだ・・・」

 

と現実を知り、悲しくなりました。

 

しかし、実際に子ども達と関わってみると

壮絶な過去を過ごしていたのが嘘なくらい

明るく、毎日を過ごしていました。

 

そんな子ども達の姿に私は、元気と勇気をもらっていました。

 

ですが、私が夜勤の日に夜、

一対一で話しがしたいという

子ども達がいて、その話の中で、

子ども達の心の傷の深さ

を思い知ることが多くありました

 

「なんで僕はお家に帰れないんだろう。早くおうちに帰りたい」

「なんで僕のお母さんいなくなったんやろ?新しいお母さんは嫌いや」

「僕は自閉症といわれたけど、どうなんだろう?」

 

 

私はそういった質問をされるたびに

心が締め付けられ、

子ども達が納得できるような返答はできず、

ただ聞いて、子ども達の不安が解消されるのを

待つことしかできませんでした。

その度に罪悪感を抱いていました。

 

また、その入所施設での業務は激務で、

体力勝負な部分もありました。

毎日自分の子どもに対する接し方について振り返る機会はありませんでした。

 

2年度ほど経って、仕事の流れが掴め始めた時に、

ようやく、自分自身の子どもに対しての支援を見直す

余裕が生まれ始めました。

 

本来であれば、各々の障害特徴(特性)

を理解して、子どもの不得意なこと得意なことに

気をつけながら、支援することが適切です。

 

しかし、私は、障害をもっている子ども達に対して、

今までの自分の生きてきた経験で、

支援を行い、言葉掛けを

行っていることに気がつきました。

 

それでは、あまりにも子ども達に

かわいそうだし、

なにより自分の経験や価値観でしか

子ども達に接することができていないことに

腹が立ちました。

 
そう気がついた時に

「勉強しなきゃいけないな」

と強く思い、仕事を辞め、

医療系の専門学校へ勉強にいくことにしたのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

専門学校~現在

 

 

専門学校時代は勉強することに

苦労しました。

 

久しぶりに本を読むのは疲れるし、

お偉い先生の講義は何をいっているのか

チンプンカンプン。

 

講義資料も?なものが多くありました。

 

ですが、子ども達の顔を思い受けべながら、

なんとか卒業し、

その後、療育機関に就職しました。

 

療育機関では障害をもつ小さいお子さんや

その親御さんと接する機会も多く

また、障害児施設時代とは違った難しさに直面しました。

 

ですが、たくさんの周りの先輩・他専門家の方々から

アドバイスを頂き、

かけがえのない経験ができ、また、知識も得ることができ、

今に至っています。

 

スポンサーリンク

 

ブログを立ち上げた理由

 

 

 

私がこのブログを立ち上げた理由は2つあります。

 

① 今まで学んだ知識・経験を伝え、子育てに悩み・不安を抱いている

  お父さん・お母さんの力になれればと思った。

 

② また、将来子どもの分野で働くことを希望する学生さんに

  子どもの発達や障害、親御さんの困っていることについて、

  なるべく分かりやすく、伝えたいと思った。

  (学生時代に勉強に苦労した経験から)

 

現在は、気軽になんでもインターネットで

自分の知りたい情報を調べられるようになりました。

 

私が接したお母さん方も、おすすめのサイトやアプリを紹介すると

すぐに携帯で確認している方もいます。

 

経験や知識を伝える・・・とは言いましても、

まだまだ未熟ですので、今までの知識や経験だけでなく、

新しいことにも勉強し、皆さんにお伝えできたらと思います。

 

*なるべく正確な情報をお伝えしていくよう努めますが、

もしも間違った情報・誤解を与える記載等がありましたら、

「お問い合わせ」よりコメントで指摘して頂ければ

すごく助かります。

また、分からない用語、分からない文章等がありましても

コメントで質問してくだされば、

お答えいたします。

 

→お問い合わせはこちらからお願いします。

 

子どもが好きな大人なら誰もが思うことでしょう

「ずっと子どもの笑顔がみていたい・・・」

 

子どもたちが笑顔で毎日を過ごせるように

少しでも有益な情報を皆さまに

与えていけれたらと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ